海から見えるNiceViewSpot 鹿児島編|クルージング スタイル:日本全国のクルージング情報提供サイト

日本全国のクルージング情報サイト クルージングスタイル
クルージング会社から選ぶ
地図から選ぶ全国MAP
人気クルージング ランキング
クルージングギフトチケット
貸切パーティー お客様ご利用レポート By Bianca
マンガで見るクルージングスタイル
海の豆知識
チャータークルーズ
横浜 貸切クルージング「マリアージュ号」
横浜クルージングパーティー
プライバシーマーク
オンライン予約
トップページ
お申込の流れ
コース一覧
お問い合せ
Q&A
  • ホーム
  • 日本のクルージング豆知識 海から見えるNice!view spot 鹿児島編
海から見えるNice! View spot 鹿児島編

鹿児島は、多くの離島と本土からなる自然の豊かな県です。昔から住む人々にとって島と島の移動に船は欠かかせない身近なもので、桜島のフェリーは24時間営業で、島民の生活を支えています。全国の中でも平均気温が高く温暖な気候に恵まれていますので、春先からクルージングが楽しめるのもうれしいところ。

鹿児島の人気スポット

エリアごとの自然が楽しい!自然の資源が豊富な鹿児島県には、自然を利用した観光スポットが数多く存在しています。「さつま揚げ」「黒豚」など美味しいものもたくさんある鹿児島は、1回の旅行だけでは回りきれないほど魅力的なところです。

与論島の百合ヶ浜

平川動物園

鹿児島県の大自然の中で、桜島をバックに放し飼いの動物が見られます。
平川動物園自慢のコアラは、九州ではここしか会うことが出来ません。その他にも約140種、1,000点の動物たちが暮らす平川動物園には、なんと足湯の施設が。歩き疲れた足をここで癒すのもよいですね。
夏恒例のナイトサファリは、日中には見られない動物たちの夜の顔が垣間見えると大人気のイベントです。

霧島神宮

霧島神宮 坂本龍馬が新婚旅行で訪れたことで有名な鹿児島定番の観光名所です。神話に出てくるニニギノミコトを祀っており、大変古い歴史があります。また、霧島神宮は紅葉の名所としても知られています。参道から境内にかけて妖艶な紅葉風景が続き、神殿や鳥居の朱色と紅葉の赤が目にも鮮やかです。
デートはもちろん家族旅行でも楽しめる、スピリチュアルスポットに心が洗われます。

屋久島

屋久島 屋久島は、1993年に世界遺産に登録されました。樹齢7200年の縄文杉は、あまりにも有名なこの島のシンボルです。豊かな自然環境を舞台とし、登山・沢登り・トレッキング・などさまざまなツアーが実施されています。
しかし世界遺産に登録されたことによる観光客の増大は、ゴミの増加・山岳トイレ・山小屋の整備の遅れなど諸問題を引き起こしています。

種子島

種子島 大隅諸島を構成する島の一つである種子島は、歴史的にも有名な島です。南蛮船の漂着から始まった外国との交流の痕跡が今でも島のあちらこちらに残っています。
日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターは、緑の山とサンゴ礁に囲まれ「世界一美しいロケット基地」と言われています。

クルージングならではの景色

朝夕と雄大な自然を見せる活火山・桜島は鹿児島のシンボルです。霧島連山や神造島・錦江湾の海底火山域を遠望しながらのクルージングは、地球を感じられるダイナミックな体験となるでしょう。

桜島

桜島 鹿児島と雄大な自然の産物・桜島を結ぶ定期船桜島フェリーは、鹿児島に暮らす人々の大切な交通手段。24時間安心で快適です。観光にもってこいの「よりみちクルーズ」で、運が良ければ錦江湾に生息するイルカたちに出会える可能性が!
今現在も活発な活動を続ける桜島昭和火口を船上から眺望するコースは、地球が生きていることを体感できる人気のコースです。

大正溶岩原

大正溶岩原 桜島は現在地図上で見ても分かるように大隅半島とつながっていますが、昔は孤立した島でした。大正3年の大噴火により、西と南東に安山岩質の溶岩を大量に流出し現在の形になったといわれています。
大噴火による溶岩は全てのものを焼き尽くしましたが、噴火から100年以上が経ちゴツゴツと冷え固まった溶岩に今植物が回復し、生命を感じられる豊かな景色が戻りつつあります。

錦江湾ナイトクルージング

錦江湾ナイトクルージング 錦江湾の夏の名物納涼船は、毎年大人気。鹿児島港桜島フェリーターミナルを夜に出港し約2時間をかけて錦江湾内をクルージングします。
港を出発し海を10分ほど行くと鹿児島市街地の夜景が綺麗に浮かび上がります。これはまさに絶景です。クライマックスの水中花火は期間中毎日あがる鹿児島夏の風物詩。
鹿児島でナイトクルージングをお楽しみください。

(こちらの情報は2015年10月のものです。変更になる場合もございますので、訪れる際は最新情報をご確認下さい。)

ページのトップに戻る
クルージングスタイル
© EXEO JAPAN All Right Reserved.